こばやしだいすけ...この人本当に現役保育士なの!?

こばやしだいすけという現役保育士がこの在宅勤務と家庭保育の期間を本当に自由気ままに毎日を楽しみながら過ごしています。

1年振りに個人ブログ再開

★ 充実した仕事の日々

・4月以降はTwitterの更新も中断していましたが、それだけ今の仕事が忙しいけれど充実していて楽しかった。

 

・その仕事に対して集中したいという想いもあって、依頼されていた執筆活動や講演的なことも全てお休み。

 

・今年も保育園で子どもたちと毎日一緒に笑顔で、保護者との会話も楽しんで。

 

・仕事中は真面目な姿を見せるも休憩時間には職員と思いっきり本音で笑いあっている。

 

なんだかんだ言って、やっぱり私はこの保育業界での仕事が大好きなんです。改めて仕事が楽しい。仕事が好きというのは本当に幸せなことだなって思います。

 

 

 

★ 緊急事態宣言再び

・このブログを始めたキッカケって、まさにコロナ禍による緊急事態宣言が発令。そんな時に小学校が休校で保育園も自粛要請になったことで『在宅勤務をしながら家庭保育の大変さを学びながら、自分の子どもたちとの時間を大切にしていこう』でした。

 

・1年前を振り返ってみると、結果として凄く大きな成果に繋がった約2か月間。冷静に振り返れば同じ緊急事態宣言であってもあの時は感染者数が300~400名程度で休校だった。でも今は夏休みが明ける前に24,000人を超えている中で休校にならずにこの状況を迎えている。全く違う状況なんだなって。

 

・私が勤務する保育園では、まだ感染者は出ていません。しかし職員の子どもが通う保育園が休園になったことで該当職員には家庭保育に専念してもらったり。昨年同様に保護者に対して自粛要請をお願いしたりと慌ただしい毎日を迎えています。

 

・そんな中で『自粛要請』の部分で役立っているのが・・・

 

 

 

 

 

『在宅勤務をしながらの家庭保育の大変さ』

 

 

 


 

www.apg-daisuke.info

 

『家庭保育だからこそ築ける家族との時間の重要さ』

 

 

これらの経験があったから、今のこの状況についてより深く広い視野で物事を考えたり判断することが出来ているのかなって。

 

 

 

★ もうやっていくしかないのだから

・正直、きっと今後はインフルエンザ同様にこの感染症ともうまく付き合っていくしかないのかなという覚悟半分で「この1年色々と我慢すれば元の生活に戻るのでは」という想いもありました。

 

・残念ながら結果は前者。でも子どもたちにとっては大人以上に多くのことを学び成長していく1年には変わりはないのだから、この状況の中で出来ることを保育士として父親としてしっかり支えていきたい。「前を向いてやるしかない」これだけ。

 

・そんな中で個人ブログを再開したのは・・・次の記事をどうしても書きたかったから。そして謎の保育士ユニット”あっぷるジンジャー”というか活動も再開する為に。。。改めてみると昨年の私、、、やっぱりあの状況でも何だかんだ言って楽しそうにしていたんですね(笑)